シニアダイバーお役立ち情報

ダイビング器材の重さ知ってました?

シニアダイバー

腰痛持ちの僕も気になる、ダイビング器材の「重さ」。

 

足腰やバランス感覚も衰えてくるシニアダイバーの方は、日常でも大変なのにダイビングとなると身体にいろいろと重いものを着けますので重量が気になるところ。
ダイビング器材の重さは、その種類やモデルによってもかなり差があり、またダイバーの体格により変わってきますが、
およその重量は以下となります。

 

【保護スーツ】
・WETスーツ 500g〜2kg(タイプ・素材・厚さ・サイズにより)
・DRYスーツ 1kg〜4kg(   〃   )

 

【軽器材】
マスク・フィン・ブーツ 2〜3kg(機種・サイズにより

 

【重器材】
BCD・レギュレーター 4〜7kg(機種・サイズにより)

 

【タンク&ウェイト】
※10L・フル充填・バルブ込
スチールタンク 16kg/ウェイト0〜10kg(スーツ・体格により)
アルミタンク  16kg/ウェイト3〜12kg(   〃   )

 

水中世界を楽しむには、潜る場所や装備また体格により、最低でも20kg〜多い人・場合だと40kgもの総重量の器材を身に着けます。

 

ところが水中に入るとウェイト量調整により、陸上と比較して約1〜2キロの重量増のみとなり、ダイビング中は呼吸やBCD調整にて実質プラマイゼロの無重力!

 

海外のビッグスポットなどにて無重力フワフワ感覚を楽しんでいると、ずっと深くに見渡す80mの水底と、見上げる20m上の水面からはシャワーの様に降り注ぐ太陽のブルーの光、そこに現れるマンタなどの大きな生き物...ダイビングの虜になる瞬間でもありますね!

 

そして水中から陸上へ上がった瞬間〜忘れていた「重さ」がいっきに蘇り瞬時に現実世界へ引き戻されます!笑

 

「あ〜やっぱ水中がいい!」
ダイバーが皆言うフレーズあるあるですね。笑

 

 

シニアダイバーの器材重量攻略法

・軽量器材の使用・・・各メーカーともトラベル用の軽量モデルあります!
・移送は宅配便利用・・・飛行機の預け荷物制限も昨今厳しくなってます!
・器材の運搬・装着・エキジット時の器材脱装をしてくれるサービス利用!
・ダイエット!!笑

 

 

 

 


関連ページ

ダイビングと保温
シニアダイバーが快適にダイビングを楽しむための保温に関するお話
JAXマウスピース使ってみました!
シニアダイバーが快適にダイビングを楽しむための器材のお話
世界最軽量アウトローBCD〜その実力と気になる浮力は?は
アウトロー(OUT LAW)のメリット・デメリット、また実際に水中で使った感想を案内いたします。