シニアダイバーお役立ち情報

アウトローBC

「うわっ!?ナニコレ!?・・軽っっ!!!」

 

手に取る人皆が言う最初の一言、
じっさい私もそうでした!

 

私の使っているSサイズでナント1.5キロ!
人気のよくあるゴムフィン1組よりはるかに軽いです。

 

世界最軽量BCDとして、
アクアラングから2018年にリリースされた「OUT LAW」は、メーカーカタログに未だ載っておらず、
現在、情報ツウな一部のダイバーやショップスタッフのみが知るまだレアなBCです。

 

 

 

アウトローBCを水中で使用した感想
私(身長163cm体重52kg、普段ウェイトがスチールタンクで1Kgアルミで3Kg)が、アウトローのSサイズ+5Lブラダーをタイ・タオ島(アルミタンク)で使用したインプレッション以下となります。

 

■水面でエアをパンパンに入れたら首の辺りで浮きます。5Lでも十分でした。
■流れに逆らう場面では他のダイバーのフィンキック数より明らかに少なくて済む。
■多少のダウンカレントも全く問題なし。
■水面を船に戻る時とても抵抗少なく楽な事がいちばん実感。

 

「使用した感想としては、まずその超コンパクトさに周りのダイバー騒然〜分解したこれをメッシュバッグの横のポケットから取り出したら驚いてました(笑)。セッティング後背負ってみると、あの後ろに引っ張られる感が少ないのに気が付く。これはちょうどウェストの部分とタンクバルブの位置の2点のバンドでしっかりタンクを固定するのと、登山用リュックのようにしっかりFITする本体部分により、タンクが常に背中にくっついていることによるものだと思います。潜行時はいつも右肩のダンプバルブでエア抜いてたので、久しぶりにインフレーターを引いてエア抜きましたが、バシューっ!!といっきに抜けて超スムーズ。これクセになります(笑) 水中での抵抗を試すのにダッシュしてみましたが、そのスピードはいつも潜り慣れてる人ならすぐにわかるほど!流れに逆らう場面では後ろから他のダイバーのフィンキックと比べてみてたら、皆がパタパタ連続で振っているのに、こちらはゆっくり途中止めながらでも余裕でついていけたことからその抵抗の少なさに納得。安全停止も普段どおり問題なく、浮上して船に戻る際によくある水面で流されそうになる場面では、他のダイバーを引っ張ってガンガン泳げるほど抵抗がなく楽ちんでした。一般的なBCで水面を泳ぐときにBC脇の部分がかなり抵抗になっていたんだなぁと改めて実感しました。」

 

アウトローBCDアウトローBCD
アウトローBCDアウトローBCD
全体的なスタイルとして、立体的に身体にキュッとFITする形状の本体部分と、バックフロートタイプとなるブラダーが分かれています。

 

■エアの出し入れによる締付感やユルミなどの変化が皆無。
ダイビング中ずっとタンクが背中にくっついてて左右のバランス取りやすい!

 

■装着時はお腹のバックルと両肩・胸のストラップを締めるだけ。
ベルクロのバンドが背中に張り付いたりせず、装着がとてもスピーディー!

 

■脇の部分には何にもなくアームホールも広くとてもスッキリ。
BCに腕を通す際に、ヒジからスルっとはいるので肩が痛い方も楽々!

 

■シリンダーを包み込むような形状の背面ブラダー(フロート)。
水中抵抗が驚くほど少なく、進むのがスイスイととても楽チン!

 

アウトローBCDアウトローBCD
アウトローBCDアウトローBCD
同じく軽量モデルBCで人気の「ZUMA」と比較すると、ベルト類もがっしりしていて、ループやフック類も豊富。

 

■計9箇所もある、軽量強化樹脂製カラビナや頑丈な布製のループ。
→シグナルフロート・カメラ・カレントフック・クエスト・支持棒などもあちこち付けれて便利!

 

■表面が柔らかいメッシュ素材で、曲線のついた太めなショルダー・ウェストバンド採用。
→身体にしっかりとFITするので、BCと体の遊びがなく一体感がハンパない!

 

アウトローBCアウトローBC
特筆するのはその収納性!左図の様にバラすことも容易ですが、右図の様折りたたむだけでもこんなに薄くなります。

 

■組み立てもバラすのも数分でOK。
→旅行のパッキングがすごくコンパクトになります!あっという間に超速乾!

 

 

「びっくりします〜驚くほどの排気スピード!」

 

アウトローBCの排気の動画

 

■アウトローBCには、潜行するときなど、今まで普通に使っていた右肩のダンプバルブ(紐引っ張ってプシューと抜くアレ)が付いていなくて、あら?と思いましたが、浮力体ブラダーに強力なゴム素材のバンドが取り付けられており、その縮む力で強制的に排気されます。そのため、急いで潜行したいときでも「ブッシュー!!!」と一気に抜けて超快適です!インフレータを上に挙げなくともホース自体を下に引いても勿論超速排気。

 

 

 

アウトローBCの気になる点

 

アウトローは「エキスパートダイバー向け」とありますが、
それはブラダー(浮力体フロート部)の容積が他の一般的なBCよりも小さいところにあります。
その点がかさ張りの無さや抵抗の少なさとなり人気なのですが、一般ダイバーやシニアダイバーには浮力が少ないって不安要素になりますよね?

 

アウトローのサイズは、本体部分とブラダーが、其々別で組み合わせ選択できるようになっていて、

 

■本体部分のサイズがS・M・Lと3種類で、対応サイズ(身長・体重・ウエスト)が、S(142〜170cm・40〜70Kg・73〜109cm)M(170〜182cm・68〜95Kg・81〜122cm)L(178〜195cm・90〜122Kg・106〜147cm)とのメーカー公表となっております。

 

■ブラダー部分は、5Lと11Lの2種類となっていて、両方とも本体部分の各サイズに対応可能となってます。

 

ちなみに、同アクアラング社の人気BC「ZUMA」の浮力体容積と比較すると、ZUMAのXXS〜Mが10L、ML〜XXLが15Lとなっていますので、

 

小柄なダイバーが11Lのブラダーを選択する以外は、全体的に浮力不足になるのではないかと思います。

 

しかし実際には、BCにエアをパンパンになるまで入れることってほとんどないですよね?

 

例えば潜行が苦手でどうしてもオーバーウェイトで、水中で常にエアが入っているダイバーであれば気になるところかもしれませんが、その場合は緊急時にウェイトをすぐ捨てれるクイックリリースウェイトポケットを利用すれば問題も解決できます。

 

浮力が足りなくなって困ることが想定されるのは、普段ウェットスーツ着ててもウェイト不要な筋肉質でやせ型の人が、温水域でスーツ無しのスチールタンクで潜る場合、5Lブラダーだと水面でも辛いかもしれません。

 

 

 

ダイバーのタイプ別のお勧めサイズ

 

■ハーネスのみでも全く支障のない慣れたダイバー
→全サイズ+5Lブラダー(てかハーネスでいいかも?)

 

■最小限のウェイトで潜行も浮力コントロールも問題ないダイバー
→S〜Mサイズ+5Lブラダー/M〜Lサイズ+11Lブラダー

 

■ダイビング終了前の安全停止の際、BCにエアを結構入れないと浮力コントロール取れないダイバー
→全サイズ+11Lブラダー(体重70キロ以上は推奨しません)

 

 

 

総評
エキスパート向けと謳ってる点と浮力体容積が小さい点に不安があって躊躇する方もいるかもしれませんが、適正ウェイト量にて潜行を人の手を借りずにできて、安全停止もロープ無しでできる認定OWダイバーであれば、エキスパートでなくとも快適に使用できて、安全性の面も問題ないBCであることは確かです!もしそれらのスキルに自信がないのであれば、BCD云々よりもまず潜行スキルや浮力コントロールスキルをしっかり身に着けることお勧めします。
シニアダイバーの方も水中移動が楽なのでとてもお勧めできるBCです!
ツアーの際の荷物重さ量と大きさは劇的に減りますが、その分衣類やお土産増えるので、プラマイゼロ〜むしろプラス!?になるかもしれませんが!笑

 

 

※アウトローBCの新品またモニター器の格安販売もしております。気になる方はご連絡くださいね(^O^)
divesimply@gmail.com

続きを読む≫ 2018/06/15 17:00:15

JAX

マレス社の熱形成マウスピース・JAX。
レギュレーターのマウスピースが口内や歯の形に合わないことにより、
ダイビング中に
「マウスピースが外れそうな感じがする」
「歯茎が擦れる」
「あごが疲れる」など、
またダイビング後に
「かみ合わせが悪くなる」
「あごがガクガクする」
などの症状に対して、
JAXはその人の歯型を形成しホールド性やあごの違和感を解消するために開発されたマウスピースです。

 

元々歯並びが悪く八重歯も尖ってる僕は、いつも顎がガクガク不安定で一時期顎関節症になったこともあったため、気になっていたJAXマウスピースを使ってみることにしました。

 

形成は熱湯で温めて柔らかくしてから、実際にグッと咥えたりレギュレーターに結束バンドで取り付けることにより型を取ります。
個人レベルでも特に難しくはないですがショップで形成してもらうのが間違いないでしょう。
JAX

 

仕上がってからマウスピースを咥えてみると、口の中でマウスピースがしっかりホールドされ顎の違和感も全く感じることなく、いままでのマウスピースとは明らかに違う感覚にちょっと感動!

 

期待を抱きながら、さっそく海でのダイビングにて使用してみました。
まず感じたのはそのカッチリとしたホールド性。横を向こうが首を振ろうが軽く咥えてるのに全くマウスピースがズレません。
そしてエキジット後の顎の違和感の無さ!顎の付け根が痛くなるダイバーにはホントお勧めかもです。

 

しかし!大きな問題点も発見しました。
それは、ホールド性が良すぎることによりマウスピースと歯の間の遊びがなくなり、横を向いたりした時や水流などによるちょっとした動きがもろに歯に伝わり、葉の付け根や歯茎に負担がかかるという点。実際に1日3ダイブした後に歯を軽く?合わせると葉の付け根に鈍痛を感じました。
もしマウスピースを咥えてるときに、ダイバーのフィンにセカンドステージを蹴られたりいきなり大きな力が加わったら、歯が折れてしまうことも十分あり得ると思います。

 

ってことでJAXマウスピースを使用するときの注意点は、

 

・形成の時に強くかみすぎることにより深い歯型をつけない。
・咥えてる最中にセカンドステージをぶつけないように注意する。
・LPホースを柔らかいタイプに交換するか、セカンドにスイベル(クルクル動く)コネクターを付ける。
・2サイズあるので自分に合った方にする。

 

以上を守ることにより、
口元の不安定感とダイビング後の顎の違和感を、大きく軽減することができると思います!

 

 

・・・そろそろ月末の支払日。この回らない首の違和感、なんとかしたいです。笑

続きを読む≫ 2017/01/23 16:00:23

暑い夏の時期のダイビングでも、風が強かったり水温が意外と低かったりと、寒い思いをしたことはダイバーなら誰しも経験ありますよね。
例えばこないだ行ったBALI島のマンボウと逢える有名なポイント「クリスタルベイ」では、他のポイントが水温29℃もあるのに、この場所だけは水温19℃とヒエヒエ!40m以上も抜ける透明度や美しいサンゴ、それより念願のマンボウに会えた感動も、一緒に行ったダイバーの感想は「寒かった〜〜!!」の一言のみ...なんだかもったいないですね。

 

 

ダイビングでのどんな感動も忘れさせてしまう程のネガティブ要素・・・「寒さ」

 

これもちょっとした心がけや準備で、ホカホカ快適なダイビングにモデルチェンジすることができますよ。
以下に案内しますね。(水温20℃以上でWETスーツでダイビングする場合)

 

【情報取集】
ダイビング中は水中とインターバルでの保温対策がカギ。
あらかじめ行先のダイビングサービスに確認したいことは、
・予想水温
・ボートに風よけスペースあるか。
・ボートコートなどレンタルサービスあるか。
それによりスーツの選択や風対策の準備が必要です!

 

【水上にて】
ダイビング前
・冷たい飲み物は控える。
・汗を大量にかくような状況に注意。血管が膨張するので体を早く冷やします。
ダイビング後
・風にあたる場所を避ける。
・可能であれば身体をよく拭いて着替える。
・頭と手足先を冷やさない。

 

 

【スーツについて】
WETスーツの場合、タイプや素材により保温性に差が出ます。これからスーツ購入予定の場合は参考にしてください。
・汎用性や価格の面からは、長袖長ズボンタイプのワンピースがオススメ。
・素材は、水中での暖かさや着脱の容易さ、また速乾性があり風により熱を奪われにくい点から、外側をスキン(ラバー)生地で内側を起毛生地が〇
・着たままだと船酔いが心配ならネックファスナーあると首元快適です。

 

 

【フードやグローブ・ブーツ等】
頭や手足の先で冷やされた血液は全身へ巡ります。そこから放熱させないことによる暖かさは絶大です!
・フードベストはスーツの外に着ると、水の侵入も少なく首の苦しさも少ないです(見た目いまいちですが)
・外側がスキン(ラバー)生地で内側が通常のジャージ、首囲サイズ若干大き目にして脇の部分にベルクロ付ければ着脱も楽で価格も抑えられます。
・グローブは2〜3oの冬用ストレッチタイプなら、ビックリするほど暖かく細かい作業もできます。
・ブーツはファスナー無し、もしくはファスナー内にスクリーンあるものが水侵入なく快適。(私はサーフィン用のウィンターブーツ愛用してます。使えます!)

 

 

【保温に役立つグッズ】
・アウター
 ボートコート(百均のレインコートでも効果〇)
 ニット帽(百均で!)
・インナー
 起毛タイプのラッシュガード(ドンキの冬用ヒートテックも効果あり)
 替えの水着もインターバル時の冷え対策になります!
・温かい飲み物
 できれば利尿作用の無いものを携帯用の水筒にいれておくと重宝します。

 

【安全のために】
ダイビングし始めで水中カメラにハマった頃に、冬の伊豆でウミウシの写真を撮りに独りで(その当時は自由)潜っていました。お金もなくボロボロのスーツでしたが撮影に夢中で寒さも忘れて数十分じっとしてて、さて移動しようかと思ったら、まず片足の裏モモがいきなり攣り、あわててたらもう片方の脚も、そしてなんと背中も激痛を伴う攣りが襲い、水底を這いつくばいながら命からがらエキジット。浜では立って歩くのもおぼつかなく、口がガタガタして話も全然できないほどの低体温になってしまいました。

 

普段の生活では身体がガタガタ震えることはめったにありませんが、ダイビング中はそれが簡単に起こりえます。その状態はすでに低体温症で、そのまま放っておくとからだのあちこちが攣りはじめたり、思考能力や運動機能も低下し思わぬトラブルの大きな元になります。
もし水中でそのような状態になったら、体を動かして熱を作ろうとせず(その熱がすぐに奪われもっと冷えます)、ガイドにちゃんと伝えてなるべく早くエキジットしましょう。水から上がったら面倒くさがらず速やかに乾いた服に着替えて暖をとって休むのが鉄則です!

続きを読む≫ 2017/01/20 15:20:20

シニアダイバー

腰痛持ちの僕も気になる、ダイビング器材の「重さ」。

 

足腰やバランス感覚も衰えてくるシニアダイバーの方は、日常でも大変なのにダイビングとなると身体にいろいろと重いものを着けますので重量が気になるところ。
ダイビング器材の重さは、その種類やモデルによってもかなり差があり、またダイバーの体格により変わってきますが、
およその重量は以下となります。

 

【保護スーツ】
・WETスーツ 500g〜2kg(タイプ・素材・厚さ・サイズにより)
・DRYスーツ 1kg〜4kg(   〃   )

 

【軽器材】
マスク・フィン・ブーツ 2〜3kg(機種・サイズにより

 

【重器材】
BCD・レギュレーター 4〜7kg(機種・サイズにより)

 

【タンク&ウェイト】
※10L・フル充填・バルブ込
スチールタンク 16kg/ウェイト0〜10kg(スーツ・体格により)
アルミタンク  16kg/ウェイト3〜12kg(   〃   )

 

水中世界を楽しむには、潜る場所や装備また体格により、最低でも20kg〜多い人・場合だと40kgもの総重量の器材を身に着けます。

 

ところが水中に入るとウェイト量調整により、陸上と比較して約1〜2キロの重量増のみとなり、ダイビング中は呼吸やBCD調整にて実質プラマイゼロの無重力!

 

海外のビッグスポットなどにて無重力フワフワ感覚を楽しんでいると、ずっと深くに見渡す80mの水底と、見上げる20m上の水面からはシャワーの様に降り注ぐ太陽のブルーの光、そこに現れるマンタなどの大きな生き物...ダイビングの虜になる瞬間でもありますね!

 

そして水中から陸上へ上がった瞬間〜忘れていた「重さ」がいっきに蘇り瞬時に現実世界へ引き戻されます!笑

 

「あ〜やっぱ水中がいい!」
ダイバーが皆言うフレーズあるあるですね。笑

 

 

シニアダイバーの器材重量攻略法

・軽量器材の使用・・・各メーカーともトラベル用の軽量モデルあります!
・移送は宅配便利用・・・飛行機の預け荷物制限も昨今厳しくなってます!
・器材の運搬・装着・エキジット時の器材脱装をしてくれるサービス利用!
・ダイエット!!笑

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/11/24 19:43:24