シニアダイバーお役立ち情報

ダイビング中の水分の摂り方にはコツがあります!

ダイビング中の水分摂取

身体の大半を占める「水分」、これが充分に足りてないと体のあちこちに不具合が起こってきます。ましてやダイビングツアー時となると水分が不足する要素がいっぱいで、場合によっては命にかかわることも!
けど
「ボート上や水中で我慢するのはイヤ!」
「ドライスーツの時に大変な思いをした!」
「アフターダイブのBEERの為に何も飲まない!」
‥などの理由で、水分摂取を抑えてしまった経験は慣れたダイバーなら一度や二度の経験あるのではないでしょうか?

 

 

 

 

【ダイビング中に失われる水分量は日常の倍以上!】
ダイビング活動においてよくあるシチュエーションとして、

 

・真夏や南の海での炎天下のダイビング
・水温低く外気が高い時期のドライスーツダイブ
・長距離の乗り物移動
・前夜の飲酒

 

等々がありますがそういった状況において、

 

・外気温による陸上での発汗
・スーツ内での大量な発汗
・長時間の水分未摂取
・アルコールによる脱水
・コーヒー紅茶などの利尿作用
・荷物を持ったり運動による発汗
・タンク内の乾燥した空気を吸い湿った息を吐く呼気
・我慢がイヤで水分摂らない

 

等々と日常よりも水分を摂らなかったり排出してしまう量が断然多いのです。

 

【水分不足でのダイビングは命にかかわります!】
身体が脱水症状になると、

 

・筋肉のこむら返り
・口腔内の乾燥
・焦燥感や不安感
・思考が遅くなる
・血流の悪化

 

このような状況が進行し「パニック」や「減圧障害」またそれらによる肺の傷害や脳梗塞など、重大な事故に直結する大きな原因となります。

 

 

【水分の摂り方】
水分は「意識して」「積極的に」とることで、充分に摂取しそして急に催すこともなく過ごすことができます。

 

・寝る前と起床後にコップ一杯のぬるま湯を飲む
・お茶・コーヒーなどカフェイン含むものは避ける
・水分を一気に飲まない
・ダイビング前やインターバルにペットボトル等で持参した水や経口補水液を少しずつ摂る

 

日常でもそうですが、飲酒後に入浴で汗流しすぐ寝たり〜朝起きてコーヒーだけ飲んで急いで出社したりって、きっと命を縮めることだと思います!

 

ダイビングツアー中は、前夜から水分を少しずつそしてしっかり摂って、いっきに飲んだり我慢したりしないようにしましょう!


関連ページ

ダイビングの年齢上限はご存知ですか?
シニアの方がスキューバダイビングを始める場合の年齢上限と、年齢による条件を説明いたします。